こんにちはー、ヒーラーの大澤です。

前回は

【西洋式にとってレイキは【大切に使っていくもの】であるのに対して、臼井式にとってのレイキは【調和していくもの】なんです。】

【初級のアチューンメントを終えた時点からレイキを扱える準備が整います!これに例外はありません!誰でもです!】

というお話でしたね。

レイキってなんなの?なるべく簡単に、かつ怪しくなくご説明します!【中】

アチューンメントというのは、日本語的には【霊授(れいじゅ)】と訳されていて

「あなたの体の中にある元気エネルギー(レイキ)の通り道を開きますよ」という意味で使われます。

『授ける』という字が使われているので

「何か特別な能力が与えられる」

と解釈しそうですが

そうではなく、あくまで

「本来持っている力を引き出すよ」

という意味です。

このアチューンメントの例え話として、よく引き合いに出されるのが『水道の栓』

「赤ちゃんの頃はみんな水道の栓(レイキの通り道)が開きっぱなしだったのだけど

社会の常識とかそういうのを身に着けていく内に、段々と水道の栓(レイキの通り道)が締まっていくよ」と。

でもそこで「その締まってしまった水道の栓(レイキの通り道)をもう一度開こうよ」というのが

レイキのアチューンメントという行為になるわけです。

で、「アチューンメント中って何をしているの?」ってのは

ごめんなさい!企業秘密なので言えません!…笑

ただお話し出来る範囲でいえば、アチューンメントを受ける方がすることは『目を閉じて座っているだけ』です。

時間でいえばおひとり5分くらいかな?それだけで回路が開きます。

厳しい修行とか訓練とかそんなんは一切ありません。

一度開いたレイキの通り道は

一生閉じることはないので

アチューンメントも初級・中級・上級と

人生で一回ずつ受ければOKです。(簡易Ver.は度々行われたりします)

ただ、回路が開いたその日にいきなり奇跡のようなヒーリングはまず起きません。

ちょっと筋トレと似てますが

日々コツコツ使うことで段々とヒーリング能力がUPしていきます。

逆に使わないと弱くなっていきます。

でもその能力が失われることはありません。

子供のころに自転車の乗り方を覚えて

ある日久々に乗ってもなんとなく乗れるじゃないですか?

最初はぎこちないかもしれないけど、全く乗れないということはないと思うんです。

それと一緒かな。

さて「どういう人がレイキの講座を受けに来るの?」ということなんですが

これは必ずしもヒーラーになりたい人

スピリチュアルなことを仕事にしたい人

ってばかりではないんですよね。

勿論、スピリチュアルにご興味のある方もいらっしゃいますが

受講理由で圧倒的に多いのが「家族や困っている人にヒーリングしてあげられるようになりたい」というもの。

あとは整体、エステ、マッサージなど、相手の体に触れるお仕事をされてる方が

「お客様から『貰いやすい』ので自分を守れるようになりたい」

「施術しながら一緒にヒーリングをしてあげられたらよりリラックスして頂けるかな」

という理由で受けられるケースも多いですね。

一家に一人いるととても便利で、うまーく使われます。笑

今日までレイキのことをだいぶザックリお話しましたが、伝わりましたかね??

もしご興味がある方は385で講座やるので受けに来てくださいね♪(協会に確認したりなんだりで、ご案内ページ作成にちょっとてこずってます。もう少々お待ちを…汗)

レイキのより詳しい内容や講座の受講方法は下記URLまたはトップカテゴリー内【臼井式レイキ講座】でご案内しております。お気軽にご連絡ください♪^^

臼井式レイキ講座
レイキ講座・受講生様の声

それでは、また後ほど~(^^)/