こんにちはー、ヒーラーの大澤です。

さてさて、前回は「スピリチュアルやヒーリング的には努力は必要です、時と場合によりますが」というお話をしました。

では、その時と場合をどう見極めたらいいのか?それは主に【その努力は自分の為になりそうか?】【その努力は自分の心も体も喜びそうか?】【その努力は逃げか?卒業か?】という3点に絞られます。

具体的にどういうことか?

その努力は自分の為になりそうか?
主に勉強やトレーニングがこれにあたります。夢の実現や目標に向かって勉強したりトレーニングしますよね。それが世俗的な欲であろうが何であろうが「なりたいものがある」「目標がある」ってのは素晴らしいことです。

実現のためにエネルギーも湧いてきます。勿論長期的な努力を強いられるようなものであれば、ただ感情や勢いに任せてがむしゃらに頑張るのではなく、休息やイメージトレーニングを取り入れつつ計画的に取り組む必要はあります。

その努力は自分の心も体も喜びそうか?
主に健康管理や断薬・減薬がこれにあたります。全部が全部ではありませんが、薬というのは内臓に負担がかかるものが多くあります。ましてや元々その性質は【毒】ですから、摂る必要が無ければ取らない方が良いです。ただ、だからと言っていきなり減薬・断薬すると、場合によっては副作用や禁断症状等起こしうるので、必ず医師に相談しながら少しずつ減薬・断薬していく事が大事だと思います。

あとは適度な運動・充分な睡眠・程々の食事や水分・ポジティブになれるライフスタイル、こういったものを進んで取り入れていくための努力はとても良いと思います。

その努力は逃げか卒業か?
主に環境や自分自身を変えたい時がこれにあたります。例えば「今の職場に不満はないけど、もっとスキルアップしたい」と思うのならばその環境から卒業です。怠惰でその職場にいるよりステップアップするための努力をしていいと思います。

何が逃げで何が卒業かは人によって違います。ホラホラ、たまにいませんか?「ちょっと頑張り過ぎじゃないですか?休んだほうが良いよ??」って人。こういう方は【自分を大切にする】ってことから逃げてるのかもしれません。大切な人が今の自分と同じような毎日を送ってても「頑張れ」って言えますか?(参照:逃げても逃げても問題が解決されないのは『卒業』出来ていないから)

3パターンお話しましたが、是非ご自身を客観視してみてくださいね。自分のことは他人のように、他人のことは自分のことのように捉えてください。さて、今、目の前に自分と同じ境遇の人がいたら何て言って上げますか?叱咤激励しますか?それとも休息を促しますか??

それではまた明日~(^^)/