こんにちはー、ヒーラーの大澤です。

すみませんぬ、今日はちょいと遅くなってしまいました。

さっきまで使命について書いてたのですが、やめました。笑

もうほんと公開するだけという段階まで来てたのですが…

「なんか違うな。つまんねーなこれ」と思い、また最初からやり直してる次第です。

今日はちと僕のことを書いていこうと思います。

多分、ネガティブな内容にもなってくるので「そういうのは受け付けない」という方は次回までお待ちください。

私という人間は普段基本静かな方で、あんまりお喋りじゃないです。

自分のことはあまり人に話しませんし、弱音もあんまり吐きません。

「お前なんかまだマシ、私の方がツラいから」

「ツラいのはあんただけじゃないんだよ」

「そんなのツラいうちに入らないから」

ということを散々言われ、弱音を吐くことを受け入れてもらった経験が少ないからです。

『「共感してほしい」って気持ちにこたえてあげたい』って思いから「こういう気持ちを持ったりした」ということを書くけど、深くは書かないですね。

自分の事を書く時もあるけど、結構勇気出して書いてます。笑

だって「いやいや、芸能人でもないのに、誰がオレの性格やプライベートに興味があるんすか」って思いがあるから。

ここ数年で随分良くなってきましたが、僕は極めて自尊心が低くて、常に誰かに「認めてほしい」「尊敬されたい」って心の底じゃ思ってます。

それはおそらく幼少期の家族(特に父)との関係が主にネックになってるのかなと思ってます。

「凄いですね!」「素晴らしいですね」って言って頂けることもあるんですけど「いやぁー、そんなことないですよー(ヘラヘラ)」と返したりします。

それは実際に「全然凄くない」「自分はマダマダ」とも思ったりもするし、「謙遜した方がきっとさらに認めてもらえるじゃないか?」と心の底では思っているのだろう思います。

なんで、今日こんなことを書こうかと思ったかというと

「そう思ってしまう自分を、せめて自分だけは否定しないでくださいね。」

とか

「少しづつ周りに打ち明けてみるのはどうでしょうか?」

という漢字で、クライアント様には普段お話をするのですが、その言葉をクライアント様に言うたびに、自分自身に対して思うのです

「人に諭しておいて、テメーは実践出来てんのかよ?まずお前がやれよ」って。

それで先日、自己表現に関するワークをしました。今日書いてるのはその一環ですね。

あれ?そういえば以前もこんな記事書いたな。(参照:手放すって怖いけど、とってもスッキリしますね!)

う~ん。。。学習能力の低さを思いしらされます。笑

ちなみにその翌朝から喉がメチャメチャいがいがします。笑

体内に5つあるとされているエネルギーの発電所の第5発電所が開いてきてるのでしょうか?(参照:喉のトラブルは自己表現やコミュニケーション関わる問題)

今回のこれに関しては自己ヒーリングをしてみましたが全然です…。

あまりにもツラかったら病院に行きます。笑

長くなったので終わります。

あ、ちなみに全然凹んではいないので、お気になさらず。笑

それではまた後ほど~(^^)/