こんにちはー、ヒーラーの大澤です。

前回は

【『空気中に溢れてる元気エネルギー=レイキ』を自身に取り入れて、人や動物に流すことを『レイキ療法』っていいます】

【臼井式と西洋式ではある考え方が明らかに違っているので、後半になると教える内容が全然違います】

というお話でしたね。

レイキってなんなの?なるべく簡単に、かつ怪しくなくご説明します!【上】

そうそう、教える内容が違うというよりも

西洋式と臼井式ではそもそも『レイキに対する捉え方』が明らかに違うんですよね。

どこが違うの?というと

西洋式にとってレイキは

【大切に使っていくもの】

であるのに対して

臼井式にとってのレイキは

【調和していくもの】

なんです。

ちょっと分かりにくいですね、もう少し具体的に言うと

西洋式では【ヒーリング】【願望実現】がメインテーマであるのに対して

臼井式では【人格向上】【自己実現】がメインテーマなんです。

臼井式は西洋式の元でもあるので【ヒーリング】【願望実現】もしっかり学びますが

臼井式にとってそこは通過点であり、最終目的地はあくまで【人格向上】【自己実現】です。

前回もお話しましたが、西洋式と臼井式はどちらが良い悪いとかではないですよ。

僕は臼井式をメインで学びましたが

それは「本来の姿を教わりたい、本来の姿を教えられる人になりたい」という思いがあったからです。

「そもそも何で大澤はレイキを学ぼうと思ったの?」って話は、前々回の記事をご参考ください。

臼井式レイキ師範に認定されました!この1年、ここを目標に頑張ってきました。

さてさて

レイキの普及率ってどれくらいなの?って話なんですが

レイキを使える人は世界で1,000万人以上といわれています。

海外では大学で学べるコースがあったり

医療の現場で導入されてたり

保険の適応がされたり

ホテルでマッサージ感覚で受けられます。

日本国内でもレイキ実践者は15万人以上いて

ヒーリングといえばまずレイキを思い浮かべるくらいメジャーです。

その内の99%は西洋式レイキで、臼井式レイキは世界でも僅か1%です。

そんな感じなので

臼井式レイキの後半で習う内容は【幻の半分】【失われた半分】【レイキの神髄】【悟りのレベル】といわれています。

あ、後半といいましたが、実は『レイキ』には段階があるんです。

臼井式では【初級(初伝)】【中級(奥伝)】【上級(神秘伝)】【師範】

西洋式では【1stディグリー】【2ndディグリー】【3rdディグリー】【マスター(またはティーチャー)】と上がってくんですね。

で、その各段階で師範orマスターが受講生さんに対して

「アチューンメント」という作業をするのですが(上級や3rdディグリー以降にアチューンメントはありません。)

初級のアチューンメント完了時点で

レイキを扱える準備が整います!

これに例外はありません!

誰でもです!(「なるべく怪しくなく」って謡ってたのに、一気に怪しくなりましたね!笑)

「誰でも使えるようになるっていわれても、私エネルギーとか分かんないよ?」

「別に私ヒーラー目指してないしなぁ」

って方もいらっしゃると思います。

そこで、次回は

「どういう人がレイキ講座を受けに来るの?」

「アチューンメントって何?」

ってことをお話していこうと思います。

それではまた後ほど~(^^)/

レイキのより詳しい内容や講座の受講方法は下記URLまたはトップカテゴリー内【臼井式レイキ講座】でご案内しております。お気軽にご連絡ください♪^^

臼井式レイキ講座
レイキ講座・受講生様の声