こんにちはー、ヒーラーの大澤です。

当方は先月末からお休みをいただきまして、奥さんの実家に帰ってました。

娘の体調的に、暖かくなる前に遠出をするというのがなかなか難しく、今回の連休でやっとそれが叶いました。(参照:僕はヒーラーであり一児のパパやってます。我が娘がとりあえず退院出来ました!)

多少ヒヤヒヤすることもありましたが、奥さんの家族・親戚も喜んでくれたし、とても有意義なお休みになりました♪

さて、2019/5/1に天皇陛下が上皇になられ、元号も【平成】から【令和】に移りましたね。

こんな風に、今あなた自身もこれまでと違う呼ばれ方をされるようになったりしていませか?

例えばこのタイミングで、結婚・入籍して苗字が変わったとか

引っ越しなどで居住地や最寄り駅の名前が変わったとか

子どもさんが入園・進学などして「〇〇ちゃんママ」など、新しい呼ばれ方やあだ名がついたり

もしくは、お仕事で昇格して役職が変わったり、勤務先や部署の名前が変わったり、独立など会社を興して屋号を持ったり、etc…

スピリチュアルでは名前や呼び方の変化は【ステージ(フィールド)が変わった合図】だとされています。

ちなみに胡散臭い言葉でいうと「エネルギーシフト」なんていわれることもあります。

古い言葉で【名は体を表す】というものがありますが、実はその言葉はスピリチュアル的にはとても的を射ています。

何故なら、名前にはその人のエネルギー状態を如実に表すからです。

事実、僕は対面のセッションの時には、フルネーム(場合によっては旧姓も)書いていただいてます。

それによってその文字から出てくる、その人の持ってるエネルギーを読み解いているんですね。

いやいや、ステージが変わるってゲームの世界みたいな話ですけど、結局それってどういうことなのかというと

「もうそこでの学びは終わりましたよ、次の場所(もしくは立場)でまた新たなお勉強をしましょうね」ということなんですね。(参照:逃げても逃げても問題が解決されないのは『卒業』出来ていないから)

ただ、語弊があってはいけないのでお伝えしておきますが、例えば離婚などされると、旧姓に戻る場合がありますよね?

この場合、名前や呼び方が戻るからと言って「また元のステージに戻った」とは一般的には考えません。

何故ならそれは【結婚生活を経験する前のアナタ】と【結婚生活を経験した後のアナタ】とでは、同じような景色を見ていても全く別の視点があるからです。

とはいえ、これは冷静に見ていく必要もあります。

というのも

ステージというものは、その方のその時の波長や状態で変わることも往々にしてあるからです。

なので今回の記事に重なる部分がある方は、その時の自分の波長は上がってたのか下がってたのか確認してみるのも良いかもしれませんね。(参照:【類は共を呼ぶ】は心理学的にも言われている!スピリチュアルでは『波長の法則』と呼びます。)

さて、令和になって日本はどんな風になっていくのでしょうね。

あなたはこれからどんな風にしていきますか??

以前に、今回の記事と似たようなのをあるので、ご興味のある方は是非ご覧になって下さい。(参照:あなたはもうそこではなく、次の場所に行く時なのではありませんか?)

それではまた後ほど~(^^)/