こんにちはー、ヒーラーの大澤です。

前回は【性交渉をするとふたりのオーラは絵の具を混ぜ合わせるように融合されていく】【スピリチュアル的には肉体関係が無いことを問題視してない】というお話でした。(参照:『男女の営み』『肉体関係の有無』がエネルギーに与える影響について)

では今回はその内容を踏まえて、不特定多数の方もしくは愛する方以外の方と営みついてお話をしていきます。

何となく想像は出来ると思いますが、不特定多数の方もしくは愛する方以外の方との営みは、スピリチュアル的にはオススメ出来ません。

前回の重複になりますが、性交渉というのは神聖な行為でありオーラの融合で、オーラには『その人のこれまでの経験やその時の感情など沢山の情報が詰まっている』からです。

つまり<不特定多数との方と営みを重ねる=自身の中に色々な方の情報や感情が入って来る>ということです。

これが続くと優柔不断になっていったり、心や体がズシーンとなることも正直あります。

愛する方以外の方と体を重ねることについては、正直、こういう時って「場の空気に流された」とか「魔が差した」とか、動機的に美しくないことが殆どだと思うんですよね?(参照:不倫・浮気ってどうなの?ヒーラーがスピリチュアル的な観点からお話し致します。【その2】)

語弊があると困るので説明をしておきますが、スピリチュアルは離婚を否定してません。結婚後に心から尊敬し愛しあえる人に出会うことだってあるだろうし、人間誰でも心変わりはします。

この話は長くなるので、また今度!>>>UPしました♪:変化していく世の中。スピリチュアルに於いて絶対に変わらないとされているのはコレ。

ココで言ってるのはそういうことじゃなく、性欲や誘惑に流されたものです。それを「愛」と勘違いしてる場合もそうですね。

そういう場合についたオーラやエネルギーって「相手を自分の欲望のままにコントロールしてやろう」って思いが強いせいか重くて暗いんですよね。しかも油汚れみたいに頑固でべっとりとくっついて、なかなか消えません。

そうすると波長・波動の法則が働いて、その油汚れみたいなエネルギーと同じ性質を持ったエネルギーが磁石みたいになって、あなたが望もうが望まなかろうがまた同じような相手を引き寄せます。(参照:波動・波長の法則は「類は友を呼ぶ」「同じ穴の狢」だけじゃないんですよ。)

もうちょっと現実的でフランクな言い方をすると、そういう目的の男性は「こいつならイケる」「良い鴨だ」って無意識にあなたのオーラやエネルギーを読み取って言い寄る。あなたはあなたで、無意識にそういう雰囲気が出ちゃってるのでマッチングしちゃう。

もしあなたが「もういやだ!」って思いがあるなら、自分のオーラやエネルギーの状態を変えてくか(参照:スピリチュアル的にみる寒さと冷えと乾燥対策)

もしくは「何故自分はそういう男性を受け入れてしまったのか?」という、自分の内側としっかり向き合う作業が必要になるかもしれません。(参照:あなたの願いが叶わないのは『叶えない方が都合が良いから叶えない』のです【中】)

勿論、現実的な方法を大前提として。

それではまた後ほど~(^^)/