こんにちはー、ヒーラーの大澤です。

前回は【この世界に理解者なんていねー!とヤサグレてた時に『青い鳥』という映画に救われました】というお話でした。

超ネガティブだったヒーラーがご紹介する、あなたの孤独と絶望感に寄り添う作品【映画編】

さて、ここ最近はなかなかネガティブな内容でお伝えしてきました。

これは「僕はこんなにツラい思いをしてきたんだよ!悲惨でしょ??慰めてくれます??」という自己憐憫・自己満足の為にUPした訳ではありません。

前回の記事を含め、僕は常に

「その記事が読んでくださってる方の”支え”や”学び”になりそうか?」

「読みやすく分かり易い言葉を使えているかどうか?」

をとても重要視していて、大概の記事は(お知らせの記事は別かな?)そういった思いを基準にしてアップしています。

何故、常にそんなこと意識してるのかというと

スピリチュアルで最も重要視するべきは心、つまり【動機】だと謳われているからです。

もっと具体的に言うと「その言動は【愛】に基づくものか?」ということです。

例えば一見、ストレートで辛辣な言葉だとしても「相手に幸せになって欲しい」という愛が根底にあったから

自分が嫌われ役になってでも、周りが言いにくいことを言ったのかもしれないし

相手の幸せを真に願うからこそ、涙を呑んで「ここで許しちゃダメだ」って突き放すこともあります。

もっというと、ガチガチのスピリチュアルでは「常に利他愛を実践しなさい」っていうお話が出てきます。

つまり「常に誰かの為にありなさい」っていうんです。

【恋】と【愛】の違いをお教えします!~理想編~

それって物凄く尊いことだけど、四六時中そんなのってムチャクチャ難しいじゃないですか??

相手の為ばかり考えてると「私の人生なのにー!」って心が拗ねてくるだろうし、現実生活だってままならなくなるじゃないですか?

果汁100%の愛、果汁20%の愛。どちらも【愛】が含まれてることに変わりはない。

だから時々自分を労わるとか、自分を甘やかすってのも凄く大切だと思うんですよね。

それが甘えかどうか、ただのワガママかどうかなんて基本他人には判断出来ないですし。

多くの人は表面上の見える部分でしか判断しない

そりゃあね、いつでもどこでも「自分に優しく自分の気持ちを最優先する」とか「自分がワクワクすることだけしたらいい」っていうと、それはそれでただの自己中だと思うんですね。

じゃあその線引きってどこでしたらいいの?っていうと…そこで【理性】が必要になってくる訳です!

つまり理性で判断するってことですね。

さて「その理性って良く聞くけど何なんすか?」って思いません?

分かるようで分からないような…って感じじゃないです?

ということで、次回は「『理性』ってつまりどういうことなのか?」ということをお話していこうと思います!

それではまた後ほど~(^^)/