こんにちはー、ヒーラーの大澤です。

前回は【あなたの中から一切の偏見、差別、暴力、諍いや無理解を無くし『あなたの世界』を平和にすることが大事】【相手の世界ばかり幸せにすることが世界平和になるわけではありません。】というお話をしましたね。

さてさて、こういう話をすると波長・波動の法則が思い浮かぶ方も少なくないようです。(参照:【類は共を呼ぶ】は心理学的にも言われている!スピリチュアルでは『波長の法則』と呼びます。)

LINEに登録していただいてる方やセッションを受けられる方々からも

「私にもこういう部分があるから目の前に現れたんですよね?」というメッセージを頂いたりもします。

つまり波長・波動の法則と言っても【真写し出し】ばかりに目が行くようなんですね。

ちなみに、【真写し出し】というのは簡単に言うと「類は友を呼ぶ」「同じ穴の狢」ってやつです。

でも【裏写し出し】も平等に考慮していただきたいものです。

つまりこれは「そういう逆境に負けない為に自分に成長する為に現れた」とか「自分の尊厳を守るために現れた」というものです。(参照:【類は共を呼ぶ】は心理学的にも言われている!スピリチュアルでは『波長の法則』と呼びます。)

簡単にいうと「反面教師にしなさいよ」「ブレない自分になりましょうね」ってことです。

たとえ話をひとつ。。。

僕は10年以上前、この能力に振り回されたり、上司からのパワハラのおかげで精神的にやられまくった時があったんですね。

そして自分に合った先生に出会えなかったばっかりに、精神科をいくつも回ったんですよ。(今目の前に自分と同じ境遇の人が居たら、何て言ってあげますか?)

でも全然見つからなくて、だんだん探すのに疲れちゃったんですよね。

で、最終的に思ったんです。

「そうか、もう自分で何とかするしかないんだ」って。

「絶対に見返してやる。幸せになってやる」って。

でももし、これがここで「ああ…俺にも同じ部分があるから引き寄せられたんだ…」って考えてたら

多分、それから先、ひとつひとつの出会いに一喜一憂して、延々と同じことの繰り返しだったと思うんですよね。

なので困った人が自分の前に現れたら、一度じっくり分析してみてはどうでしょうか?

本当に自分にも同じ面があるのか?

もし同じ面があるとしたら、自分はどういうシチュエーションの時にそういう面が出てくるのか?

もし冷静な視点で見て「ん??自分にはそういう面は無いかも?」って思うようなら

そういう人に左右されない強さと芯を身に着けていく必要があると思います。

あ、誤解がない様にフォローしておきますが、素晴らしい信念と知識経験を持った精神科の先生もたくさんいらっしゃいますからね??笑

ではまた後ほど~(^^)/