最近、冬や寒さに関する話が続いたので、今回は【風邪】の話をしますよ!

こんにちはー、ヒーラーの大澤です。

空気が乾燥したり季節の変わり目になると、風邪を引かれる方が多く出てきますね。

スピリチュアルでは、たとえば【腰の痛みは「自分は不自由だ」「縛られてる」と思ってるから】のように、特定の症状や部位に関しての不調には上記のようなメッセージ性のあるものがあるんですが、風邪については特に何も謳ってないんですよね。

つまり【くしゃみ】【頭痛】【喉の痛み】【鼻水・痰】【咳嗽(咳のこと)】【発熱】【悪寒】【下痢】などの特定のものは「スピリチュアル的にはこういう事が原因です」って言えるんだけど、【風邪を引いた】に焦点を当てると「スピリチュアル的には△△が原因だから〇〇に気を付けなさいというメッセージですよー」ってないんですよね。

強いて言えば、デトックスの意味合いが強いかな。ただ、その人の状況やエネルギーの状態に寄るから一概には言えないけど。

【風邪】というものより、【どういう症状が出てるか?】【どこが不調か?】の方がヒーリング的には見極めが重要。強い憑依を受けると咳が止まらなくなったり、粘着質の痰が思い切り出たりとかね。

あとはもう本当に単純に【現実的に不摂生したり無理してたから、エネルギー循環が滞って具合が悪くなった】って感じですね笑

ちなみに、西洋医学的にも風邪という名前の病気はないんですよね。西洋医学では『どうやら病原性のウィルスや細菌の仕業で鼻から喉にかけて炎症を起こしてるっぽくて、絶対いつも咳や鼻水や咳などの症状がいくつか出るよね。でも原因は本当のところよく分からない』ものを【かぜ】と呼ぶんですね。

つまり【かぜ症候群】ということです。

症候群というのは「鼻水が出る?咳が出る?熱がある?それなら菌やウィルスが原因の可能性あるね」ってだけです。そういう共通の症状が出るものをドクターが患者さんにも分かるように風邪と呼んでるだけです。

風邪を引くと病院で薬を処方してもらったり薬局で薬を購入したりすると思いますが、風邪薬の代表で「総合感冒薬」ってのがありますね。あれはいわゆる風邪になると出てくるような咳や鼻水等々の症状全般に効く成分が入ってるって薬です。

風邪は万病の元と言いますしね。

あんまり無理せず休める時は休んでいただきたいと思います。

ではまた明日~(^^)/